おではんの庭

レイアウト工事中です。

Wienners 今一番音楽聞いて楽しいと思えるバンドを語ります[#ODM004]

どうも!おではんです。

今回は 僕が去年ずっと聞いていたバンドをご紹介します。

Wiennersです。

公式によると、

2008年、玉屋2060%(Vo/Gt)を中心に吉祥寺弁天通りにてWiennersを結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこか優しくて懐かしい香りを放つ男女ツインボーカルの四人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断しつづける。

 

 

www.wienners.net

僕が好きなところは、

  • ピコピコサウンドと激しめのロック
  • シンセとギターの絡みが最高
  • 男女ツインボーカルがある
  • 底無しに明るい気持ちになる

Vo/Gtの玉屋2060%さんは、でんぱ組inc.やFES★TIVE、ゴッドタンのヒム子のマジ歌など、アイドルソングを中心に数多くのアーティストに楽曲提供しています。

 

そんな Wiennersのおではん的おすすめ曲をどうぞ! 

 

TRY MY LUCK


Wienners『TRY MY LUCK』Music Video(LIVE MOVIE)

イントロの一体感で心を打たれました。

とにかくこれを聞くとライブに行きたくなります。ノンストップで駆け抜ける激しい楽曲です。シンプルながらも最後まで勢い止まることなく聞ける。とにかく朝の通勤時の一発目に聴くこと多し。憂鬱な時もアクセルをドンって踏んでくれる様な曲

Yahman


Wienners『Yahman』#Wiennersリプライ作曲

コロナ禍で全員が自宅でレコーディングして、歌詞はTwitterのリプライから選んで曲にする、ファン参加型の楽曲。

独特の歌詞の世界観が一般の方々のリプライ中心に作られて、作曲する流れが映像になっているとても楽しめる映像になっています。

みずいろときいろ


Wienners『みずいろときいろ』Music Video

少しテーマパークのようなイントロと日本語メロコアの融合。メロディラインがいつも独自の世界観があって、スケールが日本なのかな?って思う時もあるのにしっかりキャッチーなサビに帰ってくる。シンセサイザーが耳を心地よい気持ちにさせてくる。

ドリームビート


Wienners「ドリームビート」Music Video

2分という短さに濃縮されたWinners節全開のストレートロック。転調も多い。歌詞も刺さるし、一瞬で終わるのに幸福感だけ残る。

 

UNITY ライブ映像(最強)

最後にUNITY。これはライブ映像なのですが、今このご時世に見ると泣きそうになります。

ライブはやっぱり観客との一体感と叫び。

そして拳を突き上げる。とにかくエモーショナル。

 

とち狂った世界でも、すべてはいつか一つになれるかな

 


Wienners『UNITY』Live Version (歌詞付) 〜BATTLE AND UNITY TOUR 2019 FINAL〜

 

まとめ

今回は最近ずっと聞いているWiennersをご紹介しました。

独特な世界観なのにPOP。

楽曲提供するアイドルごと好きになってしまうくらい好きなバンドです。

もっと売れてほしいと切に願います。

ライブ行きたい!!

 

では!