おではんの庭

好きなものを好きなだけ好きなペースで。

CYNHN(すうぃーにー)←読めないし思い出せない。けど曲は好き。[#ODM003]

どうも!おではんです。

今回は -"IBLUE×DEARSTAGE" 所属のヴォーカルユニット

『CYNHN』(スウィーニー)をご紹介します。

『CYNHN』とはロシア語で「青色」の意味でなかなか渋いところ付いたなぁと思います。タイトルから青色とはわからなかったが、今ではすっかり青のイメージ。

ただ、いつも検索するときにCYNHNが書けず、いつもイライラします・・・

今回は覚えるためにもブログにまとめておこうと思います。

www.teichiku.co.jp

CYNHNの持つ楽曲の雰囲気

主な楽曲ジャンルは、刹那的なロックサウンドに強いメロディーが絡む

夜が似合うタイプの曲が多いです。

作曲陣もClariSなどを手掛けている渡辺翔さん中心で、名曲ぞろい。

切ない雰囲気の中でベースがうねっている自分好みの楽曲が多いです。

 

CYNHNの好きなポイント
  • ギターとベースの音色
  • 刹那的な展開なのに明るい
  • メロディがキャッチー

最近暗い曲とか、深く堕ちていく系のダウナー音楽はそんなに聴きたくないけれど、CYNHNは夕方や夜に聞いて心地よい気持ちになります。


そんなCYNHN(スウィーニー)のおではん的おすすめ曲を4曲どうぞ! 

ラルゴ


CYNHN「ラルゴ」Music Video

この曲で知りました。とにかく青をコンセプトにしており、上下の黒帯が青帯になっているのも斬新でした。

ラルゴ:音楽で使用される速度記号の一種。 意味は「ゆるやかに」。

↑公式より。

たしかにゆるやかなのですが、疾走感があってそれを感じさせない。

ベースとピアノがノッている。

歌詞も弱さを歌っているけど最後は前向きに。

心が疲れているときに自分が自分に言い聞かせるような名曲。

 

So Young


CYNHN「So Young」 Music Video

青春ロック感強めなのですが、ギターの音色などはさすがに統一感があり切なさも見える。まるで学生時代に聞いていたHAWAIIAN6のように明るくて激し目なのにどこか悲しい。を彷彿とさせる。

全曲通してそうですが、とにかく構成とベースがかっこいい。

MVでは途中にドラマが入るので、じっくりストリーミングサービスなどで聴くことをお勧めします。

 

歌詞はもう青春の世界。

So young 届かない場所へ
So young どこだっていいけど
So young ココじゃない場所へ
So young やるべき事がある

 

若さっていいね!ってなる。

水生

 


CYNHN「水生」Music Video

イントロで打ち抜かれた個人的にCYNHNのNo1楽曲。

とくにバックの演奏がヤバすぎる。そして展開が素晴らしい。

それに負けないメロディーと構成。初めて聞いた時感動してしまった。

歌詞はかなり不思議な雰囲気。かなり2000年代の邦楽ロックの雰囲気が強い。

サビの最後に印象的な変拍子もあるしずっと聞いてられる。かっこいい。

 

とにかく聞いてほしいです。

 

はりぼて


CYNHN「はりぼて」Music Video

最後はこの曲。2nd Singleのはりぼて。

青さとかっこよさが一番感じられる曲。初期の名曲ですが、

わかりやすくて聞きやすくてかっこいいストレートナンバー。

CYNHNを聞くならまずはこの曲を聴いてもらうのがいいかもしれない。

 

「できるならかすり傷くらいこのセカイにつけてみたいな」

なんて歌詞、、、最高か。

 

悩める学生世代に聞いてたら泣いてたなんて思う。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか。今回はCYNHNを紹介しました。

全体的に切なさが漂いながら光り輝く一筋の光。

そして統一感のある「青さ」 

こういうアーティストがブレイクして欲しいと願っています。

もっと売れるといいなぁ。

 

では!