おではんの庭

好きなものを好きなだけ好きなペースで。

iPhone12 Proのケース環境完成。MOFT XのMagSafe対応ウォレットをつけてみた

どうも!おではんです!

今日は

MOFT X MagSafe対応ウォレット

を購入・到着したので、レビューしていきます。

先日購入したDeffのiPhone12/12Pro用のアルミバンパーと合わせて使ってみました。

むしろバンパーもMOFT Xが使いたいために購入したようなものです。

MagSafe対応で取り外しが簡単になったiPhone12を使い倒そうと思い購入しました。

CLEAVE iPhone12用のバンパーレビューはこちらです。

odehan-garden.com

使い心地やよかったところ、悪かったところをまとめたのでご覧いただければと思います。

それではどうぞ!

 

MOFT(モフト)とは?

公式によると、アメリカのLeMore社が開発する、PC・スマートフォン・タブレットなど情報端末機器専用スタンドのブランドです。世界最薄クラスのノートPCスタンドから始まり、スマホ専用スタンド、ノートPC用キャリーケースなどのラインナップを展開しており、多機能でスリム、そしてギミック満載なPC・スマホ・タブレット周辺の便利グッズを開発し続けてきているブランドです。

MOFT = Mobile Office for Traveller

の略で、iPhoneやiPad、Macなどの使いやすさをサポートするブランドで、クラウドファンディングも多用して人気なガジェットブランドです。

 

既にiPad向けにもMOFTの商品を使っており大変満足しています。

 

公式サイトはこちらです。

www.moft.us

MOFT X(スマートフォン版)の特徴

スマホ用のMOFT Xは、スタンド・スキミング防止カードケース・ホルダーを驚きの薄さに集結!MOFT Xタブレット用:縦+横計6段階調整自由で作業効率が大幅アップ!

というキャッチコピーで人気のウォレットケースです。

大変魅力的な商品なのですが、

個人的には1点大きな弱点があったので今まで購入できないでいました。

今までのMOFT Xを購入しなかった理由

理由はズバリ

Qi充電が使えなくなる

ということです。

スマホを縦向きで立てておきたいと思っていたのですが、

以前のMOFT Xは

粘着テープで張り付けるタイプでした。

外すことも簡単ではないため、

欲しいけどQi充電を犠牲にするならいらないと思ってしまいました。

今回MagSafeという新たな武器で最強へ

上記の理由で今までは購入を考えていませんでしたが、

今回は購入を即決しました。

まずは公式の動画を見ていただければと思います。

www.youtube.com

今回初めてスマホ版のMOFT Xを購入した理由は

iPhone12でMagSafeに対応したから

一択です!

iPhone12から搭載されたMagSafeというマグネットでアクセサリーを張り付ける仕組みのおかげで気軽に取り外しができるようになり、

Qi充電できないという欠点が無くなり

MOFT Xは最強に近づいたと思います。

案の定、とても人気で発送まで時間がかかりましたが、

この度到着したというわけです。

購入レビュー

実際に購入してみました。

現在大人気なため、購入から3週間ほどかかって到着となりました。

パッケージをチェック

 パッケージはシンプルですね。

f:id:odehan:20210218144933j:plain

f:id:odehan:20210218144954j:plain

 

薄い製品は薄いパッケージであるべきです。

送料も安くなるし。

写真付きレビュー 

本体をチェック

今回から撮影ボックスを導入してみました。折り畳み式で秋葉原で安かったので購入してみました。今回は黒背景ですが、四色選べるようなので今度色々試してみます。

f:id:odehan:20210218145027j:plain



グレー寄りのブルーでかっこいいです。

f:id:odehan:20210218145204j:plain



ケースをつけると力が弱まので、裏面は裸で使うためバンパーを導入。 

スタンド機能を使ってみる。

装着してみると、マグネット付きでしっかり張り付きますね。

スタンド機能には3種類あって

  1. Portrait mode
  2. Landscape mode
  3. Floating landscape mode

の3つがモードになります。

ゲームとかトランスフォーマーのような雰囲気ですね笑

それぞれ見ていきましょう

1. Portrait mode

まずは縦置きです。正直これがやりたかった。

スマホは基本的に置くときに

縦に置きたい派です。

ただ、割とスマホケースやスタンド機能があるものって、

横置きで動画が見れます!

みたいなのがほとんどで、縦に対応しているものって

少ない気がします。iPhone12 ProでPortrait modeを使うとこうなります。

f:id:odehan:20210218145220j:plain



程良い角度です。

f:id:odehan:20210218145237j:plain



裏面。撮影下手で傾いてしまいました。

f:id:odehan:20210218145256j:plain

iPhone12 Proに取り付けていますが、iPhone miniから対応しているのと、

MagSafeの位置の関係上で若干下部にスペースがあります。

そして僕はバンパーケースをつけているのでより段差があります。

置いてみると問題ないのですが、

ゆりかごのようにユラユラ揺れます。

もう少し安定性が欲しいところですが、問題無し。

角度調整はできませんが机に置いて一番見やすい角度で縦置きできるので良かったです。

2. Landscape mode

次は横置きです。よくあるやつですね。

動画を見る時におすすめのモードです。

f:id:odehan:20210218145314j:plain



よくあるやつ

f:id:odehan:20210218145501j:plain





よくあるやつ

f:id:odehan:20210218145516j:plain



はい よくあるやつ

 

普通ですね。

一般的に横置きできるスマホケースと大きな違いはありません。 

3. Floating landscape mode

最後に横置きで浮く新モードです。

MagSafeの力を全力で生かすタイプです。

見てもらって方が早いですね。  

f:id:odehan:20210218145531j:plain



・・・ちょっと浮いてる!

f:id:odehan:20210218145547j:plain



も、持ち上げてる!

 

まるでお姫様抱っこ!

磁石の筋力でiPhone12Proをお姫様抱っこ!

 

興奮してしまいました

ちょっと面白い。少し高さが付くだけの横置き。

これはネタとしても面白いですね。

スマホのサイドが汚れないのと、見た目がちょっと面白いです。

持ってみた感じはどうか

実際に握ってみた感じですが、もちろん何もつけてない時と比べて若干重心の位置が変わりますが、そこまで違和感なく持てます。

また、スマホリング替わりに持つこともできますね。

このようにスタンド機能開いて間に挟むこともできますね

 

(僕はあまり使わなそうですが・・・) 

カード入れについて

 薄い財布を使っていて最低限のカードしか入れていないので、

正直不要でした。

最大3枚まで入るようですが、カードは入れずに引換券などの忘れそうな紙を入れる時には使おうと思います。基本は無しで過ごす予定です。

 

まとめ

今回はiPhone12 Proに、MOFT X MagSafe対応を装着してみました。

CLEAVE Aluminum Bumper for iPhone 12と合わせて見るととてもいい感じでした。

まとめです。

  • MagSafeに対応したMOFT Xは強い。
  • ランドスケープモードが面白い
  • 縦置きができてQi充電できるだけで買い

このケースを買うのがおすすめな人は

  • 縦スタンドで使用したい
  • 裸で使いたいけど背面は保護したい
  • でもQiは使いたい

方には特におすすめです。

デメリットは

  • 少し持ちにくくて重くなる
  • 縦スタンドが若干不安定
  • 外れやすくてちょっと不安

くらいでしょうか?

 

気になった方は購入してみてはいかがでしょうか?

なかなか現在品薄ですぐには届かないと思いますが、

自信を持っておすすめできます!

下記からも購入できます。

 

では!