おではんの庭

好きなものを好きなだけ好きなペースで。

ZV-1の弱点を解決!XBERSTAR 「UURig R055」でVLOGCAMの死角を無くす!

どうも!おではんです!

年明けに最初に買ったものをご紹介します。

今回は買ってよかったカメラアクセサリーXBERSTAR 「UURig R055」をご紹介します。

 

目次

愛用カメラのZV-1の欠点を補いたい

カメラはいくつか持っていますが、日常記録用にSONYのVLOGCAMを持っています。

www.sony.jp

 

コンデジサイズですが画質がとても良くて、Vlog用便利な機能やワイヤレスのシューティンググリップとの相性もとても良く、最近毎日持ち出しているくらい気に入っています。

 

ただ!欠点もあります。

VLOGCAM SONY ZV-1の欠点

シューティンググリップや三脚をつけると、バッテリーやSDカードの交換ができない!

 

このカメラの三脚用ネジ穴の位置が悪くて、

シューティンググリップや三脚を取り付けると、蓋が開きません。

 

これがとにかく不便です。家に帰ってからデータを取り込む時もシューティンググリップを外さないといけないのも少し手間です。

 

もう一点USB-Cに充電端子が対応してないのも不満ですが、こればっかりはどうしようも無いので、何かいい方法ないかと調べてみたのところ、こちらの商品に出会いました。

 

それがこちら!

 

 

これを取り付けると三脚の穴をズラすことができて、さらにグリップも安定するということで早速amazonで注文してみました。

 

XBERSTAR 「UURig R055」をレビュー

それでは早速レビューしていきます。

f:id:odehan:20210111114939j:plain

外箱

f:id:odehan:20210111113628j:plain

内容はこちら

本体とネジ、広告的なカードとステッカーが入っています。

f:id:odehan:20210111113624j:plain

赤いロゴがかっこいい

f:id:odehan:20210111113640j:plain

三脚穴が9個あります。
取り付けてみました。

f:id:odehan:20210111113649j:plain

従来の三脚穴にドライバーで取り付け

f:id:odehan:20210111113636j:plain

L型レンチでグリップを接続
接続完了!

f:id:odehan:20210111113621j:plain

違和感なく一体化しました

かっこいい!赤いロゴがアクセントになってとてもかっこいいです。

グリップ部分の一体感も素晴らしく、グリップを付けていなくてもとても安定して持つことができます。

f:id:odehan:20210111113700j:plain

背面

左側にコールドシューマウントもあるので、外部マイクや照明などもかくちょうすることができます。現在そこまでの機材を持っていませんが、マイクは欲しいので、今後使ってみたいと思います。

シューティンググリップをつけてみた

純正のシューティンググリップを取り付けてみました。

f:id:odehan:20210111113656j:plain

シューティンググリップ

今までは取り付けすると、蓋に干渉してしまって、バッテリーとSDカードが交換できなくなってましたが、一番端に取り付けると・・・

f:id:odehan:20210111113652j:plain

が開いた!

蓋に干渉することなくシューティンググリップを取り付けることができました。

 

シンプルですがこれで解決!!

ただし、若干重くなります。そこだけがデメリットですが、それを差し引きしても導入して良かったと思います。

 

まとめ

今回はSONY VLOGCAM ZV-1の欠点を補うアクセサリーXBERSTAR「UURig  R055」をご紹介しました。この商品はこんな方におすすめです。

 

  • シューティンググリップや三脚をよく使う
  • バッテリーを複数持っている
  • SDカードを頻繁に抜き差しする

こんな方には絶対におすすめです!

 

見た目についても、重厚感や一体感がでて気に入っています。

ただ一点デメリットをあげるとしたら、

若干重くなる。

ところでしょうか。

より軽量化を求めるのであれば、グリップ部分が無い商品もありますので、こちらを導入してみてはいかがでしょうか

 

 これで死角が無くなったVLOGCAMで、どんどん動画撮影を楽しんでいきたいと思います!では!